スクリーンチェンジャー

スクリーンチェンジャー

本体に内蔵のスクリーンロッドとそれに収納された特殊構造の広濾過面積スクリーンで構成されています。それらを自動的に切り替えて逆洗を行うことによりスクリーンを洗浄します。また、切り替え時の流量変化はほとんどなく、製品へ影響を及ぼしません。

スクリーンチェンジャー

3大特徴

1.逆洗式
国産唯一の連続型における逆洗機能を有しており、押出機ノンストップでフイルターの逆洗浄・交換が可能です。

円筒スクリーン方式 円筒ブレーカーシリンダー
面積 大(通常の2~3倍)
圧力損失 小(表面積大、肉厚小)
樹脂流れ 軸、輻流の混流
交換方式
(スクリーンメッシュ)
ブレーカーとセットで交換

2.広濾過面積
円筒型のブレーカーシリンダーを濾過部に内蔵し、平板のブレーカープレートよりも広い濾過面積を有しています。

逆洗機能
(国産唯一)
押出機ノンストップで、逆洗浄可能。<樹脂2通路>

3.ロータリー方式
世界唯一のロータリー機構を基本構造とし、信頼性,省スペース,省エネにおいて他の機構よりも優れています。

基本構造 ロータリー方式(密閉内蔵型)
機構 回転運動
設置、スペース 小(スクリーンチェンジャーとして最小)
省エネ 防熱式(加熱容量小)
樹脂漏れ対策 軸封パッキン
酸化 密閉(空気接触小)

導入効果

連続運転 広濾過面積スクリーンのために長時間目詰りを起こしません。機構切換は、油圧によりスムーズに行われます。逆洗浄、スクリーン交換も押出機ノンストップで行えます。
濾過精度向上 広濾過面積と逆洗機構のため、従来使用できなかったより微細なスクリーン(400~700♯)を使用することができます。
無人運転 逆洗浄は、制御盤により自動制御で行います。
安定運転 広濾過面積スクリーンのために目詰り速度が遅くなり、圧力上昇、温度上昇による押出の不安定、品質低下を防ぎます。
設置スペース最小(コンパクト構造) ロータリー機構により、構成部品が少なく、全体寸法も小さいコンパクト構造であります。
酸化防止
(密閉内臓型)
機構切替(逆洗、交換)は全て密閉容器内で行われるため、樹脂漏れ、樹脂の酸化がありません。
国産体制
(純国産式)
設計から一環した体制で、国産唯一の逆洗式スクリーンチェンジヤーを製造しております。また、アフターフォローも国内体制にて確立されております。
  • >スクリーンチェンジャー解説動画『スクリーンチェンジャー解説動画』